アイヌ伝統文化空間

パシクル自然公園

白糠町と釧路市音別町との境にある海に面したパシクル沼周辺は、地名の由来をはじめ、シラヌカアイヌとアッケシアイヌの戦やアイヌ古式舞踊「フンぺリムセ」の発祥など、いくつものアイヌ伝説の舞台となっています。
「パシクル」はアイヌ語で「カラス」を意味しますが、エカシ(古老)は地名の由来について、アイヌ語の分析と伝説から、原型は「パ(見つける)・シリ(陸地)・クル(影)」であると解いています。

パシクル沼の伝説(地名の由来:カラス)
昔、アッケシのアイヌが舟でクシロとシラヌカの集落を攻めて来たことがあった。この戦いはシラヌカアイヌが不利になり、この沼地のところで多くの人が戦死し、その死体にたくさんのカラスが集まって騒いだので、パシクルと名付けたという。(貫塩喜蔵エカシの話)

パシクル沼の伝説(地名の由来:陸地を見つけた)
昔、西の方から一人の青年が、小舟にカキの稚貝を積んで、どこか繁殖させるところがないかとやってきた。
そのとき、一面にガス(霧)がかかり、一寸先も見えなくなってしまったが、カラスの声に導かれて舟を寄せていくと、やがて陸の影を見つけることができた。
青年は思わず「パ シリ クル!」と叫んだ。
青年が陸へ上がってみると、そこには沼があり、たくさんのカラスが目に入った。(貫塩喜蔵エカシの話)

photo

フンペリムセ発祥地
「フンペリムセ」は、白糠を代表するアイヌ古式舞踊で「鯨踊り」と訳されています。その由来は伝説となっており、パシクル海岸が発祥地とされています。

photo

「フンペリムセ発祥の由来」
アイヌウタリは、太古から、天の恵みによって食べ生きぬいてきた。
時として、天と自然の恵みが少ないときもあった。
あるとき、西方でカラスの鳴き声が激しいので行くと、パシクルトウの浜辺に大きなフンペが波に寄せられていた。
シラヌカコタンのウタリは、このクジラを天恵の食料として感謝していただいた。
その場で即興的にリムセが舞われた。それが今に伝承されている。
(「フンペリムセ発祥地」碑文/1996年(平成8年)1月白糠町建立)
白糠アイヌ協会は、毎年9月、伝承儀式「フンペ祭イチャルパ(鯨祭)」を開催し、この記念碑の前でヌサオンカミ、イチャルパ、奉納舞踊を行います。

坂の丘チャシ跡

坂の丘チャシ跡は、壕をもつ丘先式のチャシ跡で、白糠市街の西にある「坂の丘」と呼ばれる段丘の南東隅にあります。
坂の丘は、高さ約30メートルの孤島状の段丘で、東側に茶路川、西側に和天別川が流れ、南は太平洋に面しています。二つの川の浸食作用によって周囲の段丘から切り離されたものと考えられています。
丘の東西南北の段丘端には遺物包含地があり、このうち、東の遺跡からは、北筒式土器、緑ヶ岡式土器、擦文式土器、オホーツク式土器と石器、鉄器が出土しています。
「坂の丘」という名は、1900年(明治33)11月に開設された「軍馬補充部釧路支部」の支部長を務めた坂野金策騎兵大佐の名をとって「坂野ヶ岡」と呼んだことによります。
現在は、北半分が町の公苑墓地、南側は民有地で牧草採草地となっています。

photo

岬の森東山公園

photo

ウレシパチセ
ウレシパチセは、2018年4月、太平洋を一望できる岬の森東山公園の麓にオープンした、白糠町のアイヌ民族の文化活動・情報発信の拠点です。(詳しくは「ウレシパチセ」のページをご覧ください。)

photo

シリエトチャシ跡
シリエトチャシ跡は、岬の森東山公園の南西、白糠市街に面した約35メートルの山上にあります。南は太平洋に面し、また、すぐ下にオクネップ川が流れていることから、臨海・臨川性の丘先式チャシと言われています。調査では、柵囲いの跡、壕の跡が確認されています。
北側に隣接した広場には「アイヌ弔魂碑」が建立されており、毎年8月、この広場で『ふるさと祭イチャルパ』のヌサオンカミとイチャルパの儀式、古式舞踊の奉納が行われます。
この山を東に辿ったところ(釧路市方向)に「石炭岬チャシ跡」があります。

photo
photo
photo

石炭岬チャシ跡
石炭岬チャシ跡は、岬の森東山公園の南東(釧路市側)、標高約45メートルの岬の上にあります。この岬の東側を流れるシラリカップ川の河口にある磯のようすが「白糠」の地名の由来となっています。

「白糠(シラヌカ)」地名の由来
「白糠」は、「シラリ(磯)・カ(上・越える)」に由来し、波が磯を越えてしぶきがたつ「岩磯のほとり」を意味します。
岬の森東山公園の西側から南面の下を流れるオクネップ川河口から東の方向へ、白糠漁港をはさみ、石炭岬の先を流れるシラリカップ川河口までの岩磯のようすからこの名がついたと言われています。

幕府直轄の炭鉱…北海道石炭採掘創始の地
「石炭岬」という地名は、この地に徳川幕府直轄の炭鉱が開かれたこと〈1857年(安政4)~1864年(元治1)〉によるものと考えられ、この炭鉱ではアイヌの人たちも採炭にあたっていたとの記録が残されています。
石炭岬となる前、この岬が「シリ・エト(大地の・鼻)」と呼ばれていました。

photo

サシウシチャシ跡

サシウシチャシ跡は、太平洋に面した標高約58メートルの崖の上にあり、東側には深い沢、西と北側には二重の壕と土塁が設けられています。石器(スクレイパー・石斧ほか)、擦文式土器、鉄器(ナタ、タシロ、釘、鍋ほか)などの出土遺物により、続縄文時代から擦文時代を経てアイヌ文化期にいたる遺構と考えられています。
記念碑は、チャシ跡がある山の中腹に建てられており、弓と矢をイメージしています。
チャシは「砦」と訳されますが、実際はコタンでの儀式、裁判、会議などを行う柵で囲った特別な場所で、英雄が住む館でもあり、非常時には砦となりました。
「サシウシ」という地名は、「サシ(昆布)・ウシ(群生する)」という意味で、昆布の産地であったことからつけられました。

photo

伝説「サシウシチャシの女首長」
昔、サシウシチャシに美しい女の首長がいた。その名をホルペチャ・カムイ・メノコと言った。あまり美しいので、カンドコロカムイ(天上の神様)が天下ったのではないかと言われたものだ。
この女の首長は、立派なシトキ(胸飾りの玉)を持っていた。それを聞いたアッケシ(厚岸)の首長がその玉を奪い取ろうと、舟に手下を乗せて不意に攻めてきた。
サシウシコタンのアイヌたちは、恐ろしい評判のアッケシの首長が来たと聞いただけで逃げ支度をするという大騒ぎになった。
しかし、女の首長は少しも騒がず、静かにチャシの中央に立って、天に向かって神の助けを乞う祈りをした途端、たちまち旋風が巻き起こって、チャシに半ば攻め登っていたアッケシ勢は、木の葉のように東の方へ吹き飛ばされてしまった。
(千葉ヌイフチの話)

乳呑自然公園

チノミは「チ(我ら・私たち)・ノミ(祭る・祈る)」という、人々が集う場で、周辺のコタン共同の物送り場であったと考えられています。豊かな自然に囲まれた公園は、桜の名所としても知られています。

チノミチャシ跡
チノミチャシ跡は庶路川の東の段丘にあるチャシ跡で、竪穴式住居もあり、エムシ(刀)とエムシアッ(刀吊り)が出土しています。

コイトイチャシ跡

コイトイ川の上流の丘にあるチャシ跡で、地域の人々は、古くから「アイヌの砦の沢」と呼んでいました。